ネットで稼ぐ方法を更新していきます。アフィリエイトの情報を中心に懸賞、せどり、物販ビジネス、FX、無料オファー、情報商材、ネットビジネス書籍、e-bookを紹介していきます。

【無料オンラインセミナー】「自由で豊かなフリーランスパーフェクトマスター講座」ご紹介キャンペーン


【無料オンラインセミナー】「自由で豊かなフリーランスパーフェクトマスター講座」ご紹介キャンペーン

あなたはフリーランスですか?それとも組織に所属していますか?

私がフリーランスになった頃は、周囲の友人たちから「すごいよな~」「不安になったりしないの?」などとよく言われたものです。

うらやましがられるよりもむしろ「自由を得るために安定を捨てるなんて…よくやるよなぁ」という反応の方が多かったのです。

ところがどうでしょう。いまや大手家電メーカーであるシャープが1万人のリストラ策を発表するなどもはや大企業に所属していることが“安定”を意味する時代は終わりました。

年収1000万円以上の求人情報サイト「ビズリーチ」の調査によると「ビズリーチ」会員のビジネスパーソンで、リストラの不安を感じている人がなんと52%にも上るとのこと。

年収1000万円以上にして、それだけの不安を抱えているということはそれ以下の年収の人たちの不安たるや、おして知るべしです。

私は自分がフリーランスという道を選んで本当によかったと思っています。

もちろん企業にいた頃のように誰かが給料を保証してくれるわけではありませんから収入は安定しているとはいえません。

しかし自分の意識と働き方次第で、収入は天井知らずです。

毎日満員電車に揺られる必要もなければ嫌な上司にゴマをする必要もありません。

好きな場所で好きな仲間たちと一緒に好きなことをして、収入を得ています。

好きな時に休んで、好きな時に仕事をしています。

最近よく雑誌でとりあげられているいわゆる「ノマドワーカー」というヤツです。

会社員だったころは、はっきり言ってウツになってもおかしくないぐらい、毎日ストレスを抱えていました。

ところが今では、こんなにしあわせでいいんだろうか?と思うぐらい、満たされた毎日を過ごしています。

だから、もしあなたがフリーランスになりたいと思っているのであれば、もろ手を上げて大歓迎するでしょう。

けれども、これまで組織に所属してきたあなたにとってフリーランスで仕事をするというのは、分からないことだらけ。はじめの一歩が踏み出しづらいかもしれませんね。

まず、何から始めればいいのか。どうすればお客さんと出会えるのか。どうすれば同業者と差別化できるのか。 継続的な売上を上げ続けるにはどうすれば良いのか…

はじめての経験だから、わからなくて当然です。私もこれまであれこれ回り道して、試行錯誤しながらやってきました。

そんな私が、ぜひあなたにおすすめしたい情報があります。

輸入ビジネスの世界で30年間実績を上げ続け合格率わずか8.4%の超難関資格であるジェトロ認定貿易アドバイザーを取得。

現在輸入ビジネスコンサルタントとして国際的に活躍している大須賀祐さん。

「スーパービジネスマン養成講座」を主宰。全国に500名の会員を抱えるほか、国内外の上場企業をはじめ多数の法人をクライアントに持つ経営コンサルタントの吉江勝さん。

ほめ方の伝道師としてフジテレビ「エチカの鏡」、朝日放送「おはよう朝日です」ほかテレビやラジオ、雑誌などに多数とりあげられセミナー講師やビジネス作家として活躍している、谷口祥子さん。

フリーランスとして、自由でしあわせで豊かな毎日を謳歌しているこの3人が、こんなサービスをはじめたそうです。

http://yoshiemasaru.com/item/6647/541/

最近では、こんなご時世を反映してかあなたもネットでカンタンに稼げるといううたい文句のあやしげな情報がたくさん飛び交っています。

そんな情報に惑わされるのは、時間とコストのムダづかいです。

あなたには、そんな寄り道をしないで正しい人とつきあい、正しい情報を入手してほしいのです。

要は地に足のついた仕事をし、地道に成果を上げてきた先輩たちの話に耳を傾けることが自由で豊かでしあわせなフリーランスになるための一番の近道なのです。

http://yoshiemasaru.com/item/6647/541/

自由で豊かでしあわせなフリーランス仲間としてあなたに会えるのを、楽しみにしています。

| 2012/11/05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL