ネットで稼ぐ方法を更新していきます。アフィリエイトの情報を中心に懸賞、せどり、物販ビジネス、FX、無料オファー、情報商材、ネットビジネス書籍、e-bookを紹介していきます。

大谷由里子氏 自分プロデュース術


大谷由里子氏 自分プロデュース術

必ず売れる!必ず夢をつかみ取る!自分プロデュース術

あなたは、こんなことで悩んだことありませんか?

http://new-spiral.info/item/28552/2022/

新しいテレビを買う時や引っ越しを依頼するために実際の店舗や、HP・商品広告の記事を見て「どこにしようか?」って悩んだことが…

世の中の商品やサービスを提供する会社の9割は

「うちの商品を使うと、こんなメリットがありますよ」

「このサービスを受けることで、こんな将来が実現できるかもしれません!」

なんて、同じようなメリットの部分ばかりを強調しています。

しかし考えて欲しいのは、そのメリットは、他でも受けれないのか?ということです。

受けれるからこそ、どこにしようか?って悩んでしまうんですよね。

では、あなたのビジネスに当てはめたとしたらどうでしょう。

あなたからしか受けられないサービスってなんですか?

ここがわかっていない方が、非常に多いです。

そして、それこそがお客様があなたの商品を買わない最大の要因になっているのです!

今回の大谷さんの動画を見て、それを強く感じました。

しかし、多くの人がそこに気付いていないからこそ、あなたにもそこに気付いてほしくて、この動画を紹介しています。

http://new-spiral.info/item/28552/2022/

もちろん、メリットを伝えることは、悪い事ではありません。

なぜなら、お客様は、商品やサービスから得られるメリットを買っているのですから。

でも、テレビを見ていて思いました。

毎日毎日コマーシャルで流れている、新しいスマートフォンが出たって、同じようなメリットを何度も何度も伝えられているお客様からすれば、「新しいスマートフォンだ」ぐらいの認識しか持ちません。

スマートフォン1つ1つの新機能になど、そこまで関心を寄せていないです。

その良い例として、あなたは新しいスマートフォンが出るたびに買い替えたり、チェックしに行ったりしないですよね?

つまり、多くの人が求めているものって、「さらに良い物」というわけでなく「他とは違うモノ」ってことなんです。

でも、違いってどうやって生み出すの?

そんな疑問も感じていました。

この動画を見て、驚きました。

そんなに簡単に違いって見つかるのかって…

だからこそ、あなたにもそこを見つけて欲しくてこの文章を書かせていただきました。

http://new-spiral.info/item/28552/2022/

もしかしたら「USP」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「USP」:ユニーク セリング プロポジション

単純に言うなら、「独自のセールスポイント」でしょうか?

そんな言葉なんて知ってるよ。

そう言われてしまうかもしれない。

もちろん、私も知っていました。

しかし、知っていただけで、これを持っているかどうかは別の話です。

USPの分かりやすい例でいけば、iphoneが出た時に「何だこれは?」って、驚きませんでした?

今までの携帯とは明らかに違うからこそ「何なのか?」って興味を持ち「携帯」とは違う特別な存在として意識されていたんです。

だからこそ、見てみたい!欲しい!そんな感情が湧きあがってくる。

これが、USPなんです。

しかし、多くの商品や、サービスにこのような印象を抱くことはほとんどないですよね?

つまり、USPを明確に提示している人って、ほとんどいないってことなんです。

そのため、お客さんは「見なくても良いや、ここでなくても良いや」ってなってしまう。

だから、買ってもらえないんです!

商品やサービスについてUSPは、めちゃくちゃ重要なんだなって、わかってもらえたと思います。

じゃあ、あなたのUSPって何なの?

それを見つけることが、次のあなたに必要なことじゃないでしょうか?

でも、そんな簡単にUSPなんて作れるの?

そのために、この動画を見て欲しくて、急いで文章を書いたんです。

http://new-spiral.info/item/28552/2022/

| 2013/07/30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL