ネットで稼ぐ方法を更新していきます。アフィリエイトの情報を中心に懸賞、せどり、物販ビジネス、FX、無料オファー、情報商材、ネットビジネス書籍、e-bookを紹介していきます。

これでOK!擬似言語


これでOK!擬似言語

アルゴリズムや擬似言語を自宅でマスターする方法があります

基本情報技術者試験は、IT開発者の登竜門ともいえる資格です。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=188652&iid=54014

現在は、IPA(独立行政法人:情報処理推進機構)により行われていますが、元々は、通産省、現経済産業省が管轄する国家資格となります。

午前問・午後問ともに出題問題の60%ができれば合格できるとされています。

午前問は全問必須回答ですが、午後問は1問を除いて、選択問題となっており、自分が得意とされる分野を選択できるようになっています。

しかしながら、合格率は、1ステップ前のITパスポート試験が常に50%を超えているのに対し、基本情報技術者試験では、25%を漸く超えるというのが、現状です。

受験層は、学生と社会人で大体半々ですが、応募者の平均年齢は27才、合格者の平均年齢は25歳と若い層での受験が多い試験です。(参考:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_07toukei/toukei_h24a.pdf

自己採点の集計によると、午前問に比べ、午後問の方が、合格者と不合格者の点差が大きくなるという結果が出ています。

その差が大きく出るのが、必須問題である「擬似言語」なのです。

この「擬似言語」とそれに続く「プログラミング言語別選択問題」がそれぞれ100点満点中20点づつの配点となっており、受験生のネックになっているといえるでしょう。

つまり合格不合格の差が大きく出てくるところが、試験要綱でいうところの「データ構造及びアルゴリズム」の理解なのです。

言い換えると「データ構造及びアルゴリズム」の要素がてんこ盛りになっている「擬似言語」問題を回答できる実力を身につけると、午後問は ほぼ合格ラインに達するといえます。

ゆえに、今回、「データ構造及びアルゴリズム」に絞った教材を作成しました。

擬似言語問題を解くためには、基本的なコンピュータの知識を求められることが多いので、基礎的な要素の理解を導く内容も含めています。

空き時間等に利用できるよう、教材の内容を、各章別に区切っての提供とさせていただきました。音声教材(全3時間35分)は、1本ずつを30分以内にまとめるようしています。

また、特典として、過去3年間の擬似言語問題の解説を付与しました。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=188652&iid=54014

このサイトから購入してくれた方には購入特典をプレゼントします。

購入したらかなりの金額なる、ツール、商材を購入者には特別プレゼントします。

JavaScript(ジャバスクリプト)とCookie(クッキー)を確認してください。

あなたのIPアドレス 54.198.143.210
JavaScript
Cookie

JavaScript、Cookieが無効の場合は特典が受け取れません。

私の紹介リンクをクリックした後、他の人の紹介リンクをクリックしたら、キャッシュの上書きがされてしまい、私からの購入でなくなるので、購入特典が受け取れません。購入する際は、私の紹介ページを閲覧後、他の紹介ページを見ないよう気をつけてください。

無効になっている方は、お手数ですが下記のリンクを参考にJavaScript、Cookieを有効にしてください。

商品代金決済後、購入特典ページから必要項目を入力して申請してください。

これでOK!擬似言語 購入特典プレゼント!!

これでOK!擬似言語の購入特典を受け取るには、必ず私のページから購入してください。私からの購入でない場合は、特典を受け取れません。

決済後、購入確認ができましたら特典ダウンロードできます。

http://tokuten.takumi1202.com/

| 2013/06/09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL