ネットで稼ぐ方法を更新していきます。アフィリエイトの情報を中心に懸賞、せどり、物販ビジネス、FX、無料オファー、情報商材、ネットビジネス書籍、e-bookを紹介していきます。

セールスマーケティングの鍵


セールスマーケティングの鍵

成約率10割、究極の合意を促すセールスをお教えします。

何を寝ぼけたことを言っているのか?

そう思った方には、こちらを少し見て下さい!

http://new-spiral.info/item/28552/2007/

  • いくら壁紙の自然素材の説明をしても、お客様からは「検討します」で終わってしまって、全く興味を持ってもらえなかった住宅メーカーのセールスマンが、2時間で「これこそ理想の我が家だ」とお客様が即決してしまうほどに、バンバン売れるようになります!
  • 3時間かけても、ヘッドラインの部分すら書き終わらなかったコピーライターが、ある法則に当てはめさえすれば、10分で140万円稼げるほどの文章を書くことが出来るようになります。
  • 自動でライトが点灯したり、ドアが閉まったり、珍しい機能が付いていることを自慢気にひたすらアピールして、お客様から「それは良い機能だね。」と他人事のように返答されて、そのまま帰って行かれた、車のディーラーが、実際の車を見なくても、お客様から「それでお願いします!」と懇願されて購入してもらえるようになります。
  • 1000枚広告を作っても、1人しか相談にこなかった税理士が、一通のメールを送るだけで、100人からの相談申込が殺到するようになります。
  • 社員教育も、経理もしないといけない中小企業の経営者が、一番売り上げるトップセールスマンとして、お客様のところにも行かないといけない状況が、社員にセールスを直接指導しなくても、自然に社員が売り上げを5倍、10倍と伸ばしていくことで、経営業に専念することができ、売上が10倍上がります。
  • 時給800円でファミリーレストランのバイトをしている、あなたの接客スキルを、100万円で教えて下さいとスーツを着た男性がいきなり、目の前に現れます。

いかがでしょうか?

これは現実にある人があるステップに基づいた話をしたことで、実際にあった話だそうです…

ネットビジネスでもリアルビジネスでも一般的には、いかに商品のすばらしさを伝えるかが商品が売れるかどうかの分岐点だと思うはずですよね。

私も、浅井さんのお話は聞くまでそうだと思っていました。

しかし、実はそれこそがお客様が商品を買わない最大の要因になっていたのです!

さらに、10割の成約率で売れるということで、それはさすがに大袈裟ですよね。と、思ってました。

浅井さん曰く、

『後出しじゃんけんで負けますか?負けないですよね。私のセールスは後だしじゃんけんです。だから負けないんですよね。』

とおっしゃってました。

確かに、後だしジャンケンは負けないけれど、セールスにそんなことは…

では、どうすれば良いのか?

その極意の全貌が、特別に公開されてました!

http://new-spiral.info/item/28552/2007/

早速、申込みをしましたが、無料でこういったノウハウをもらえるのは非常に助かりますよね!

最近、やたらと『動画・レポート・ツール』をプレゼントします!というのが流行っておりますが、どれもこれでは無料でしょう!と思うのがばかりですが、浅井さんのは違いました。

このセールスのステップを作り上げたのが、株式会社セールスの学校 浅井隆志さんというかたで、セールスを学ぼう!と思った人は、必ずしも知っているでしょう。

野球で言えばイチローを知らないというぐらい、業界ではかなりの有名人です。

そんな浅井さんが、成約10割。

奇跡としか言えないセールス術を、教えてくれます。

これは浅井さんが、過去から現在まで新しく学んで上手く行った1回を100回繰り返して得られた、実践に裏打ちされた結果だそうです。

だからこそあなたにも、上手く行くかわからないセールスではなく「100点取れる知恵」をお伝えしようと思って急遽、書かせてもらいました。

http://new-spiral.info/item/28552/2007/

実際、全く面識のないお客さまに初対面でセールスをするということの難しさは、例えるなら、初めて会った女性にいきなり「付きあって下さい」と告白するようなものです。

あなたに限らず、ほぼ10割で断りますよね?笑

しかし、あなたが「60秒」の時間さえ、相手から確保できれば

「私は、あなたみたいな方を求めてたんです。」

と、相手から、あなたこそ必要な存在だと思われるのです。

これは男ならある意味、いくらでも出してほしいものですね。

http://new-spiral.info/item/28552/2007/

| 2013/07/22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL